公開日:2021.03.13| 新人教育


    新人教育とは新人社員に対して行われる教育のことを言います。
    新人教育の研修は、新しく入社する新入社員を対象としたもので、
    一定期間、企業に関する知識や社会マナーを学び新入社員を教育していく場になります。
    新人教育を通して会社のことをより深く理解して貰うことで円滑に業務を進めることができます。
    新人教育は企業がより成長していくために必要なものになります

    今回の記事では、新人教育の方法重要性新人教育のコツについて紹介させて頂きます。

    新人教育とは


    新人社員に対して行われる教育のことを言います。
    新入社員教育は、企業が全社員に対して行われる研修の中で、
    「新入社員」を対象に研修が行われます。
    ほとんどの企業は入社後の4月以降に行われる予定になっていますが、
    入社前の3月から行われる企業もあります。

    研修期間は、企業によって期間も様々なので明確には定まっていません。
    数週間で終了する場合や、数ヶ月~1年間の研修が続く場合もあります。
    研修場所は会社内の研修施設、会議室などで行われますが、
    オンラインで行われる機会も増えています。

    そして新人教育を通して以下の2つの部分を身につけることができます。

    1,社会人として自立することができます。会社の即戦力として働いてもらうためには、学生気分のままではいけないので社会人として責任を持って行動することが大切です。

    2,知識とスキルを上達することができ、必要な知識や技術を習得する事ができます。また、仕事や業務に関するスキルだけではなく、社会人としてのマナーや、基礎的な挨拶の仕方、敬語の使い方、会社のルールなど働く上で必要な知識を身につけることができます。

    このように新人教育はある一定期間の中で新人社員に教育の場を提供し、
    社会人として様々な知識を養う場
    になります。

    新人教育の研修種類とは


    新人教育は様々な研修種類があり、研修方法によって指導方法が変わります。主に三種類の研修方法があり、以下の通りになっています。

    集合研修

    集合研修Off-JT(Off the job Training)とは新人教育で必ず実施される研修手法です。実際の業務から離れた場所で行われ、ワークショップ・セミナー・実習等様々な方法があります。

    OJT研修

    OJT研修 (On-the-Job Training)とは、直接社員に指導をすることで日々の業務の仕事内容を覚えて貰うという研修手法です。個別指導、または現場で行われるため、新人社員を即戦力として育成することができます
    教える側も自分が覚えている知識をアウトプットすることによって、より業務に対する知識や技術が上がりますOJT 研修では教える側と教えられる側、どちらにもメリットがあります

    eラーニング

    eラーニングとは、自宅や外出先など場所が決まっていないのが特徴で場所を選ばずに学習できる研修手法です。
    ステップごとに細かく丁寧に知識を学ぶことができます。新人教育に最適であり、 現在ではeラーニングを導入している企業も多くなっています。
    集合研修だと講師を雇って行われる場合があり、費用がかかる場合もありますが、eラーニングは低コストで抑えることができます。また、eラーニングは研修の教材に同じ内容のものを使用するので、講師の質による研修内容の違いも無くすことができ、技術や知識に差が出にくい部分がメリットです。

    新人教育の目的とは


    新人教育には会社についての知識を深めるという目的があります。
    新入社員は就職活動によって企業についての事業や業務について研究している部分もあります。しかし、企業が理解してほしい情報はそれ以上にあります。
    さらに深く理解することで、現場の業務をより円滑に遂行する事ができ、社員のモチベーションを上げる事ができます
    新入社員は、自分が働く部署は理解してあっても、企業が携わる事業や業務の全体部分を把握していないことも多いです。新人教育は、企業の一社員として、企業が関わる事業の中身を深く知る機会になります
    また、会社のコンプライアンスの基本内容や詳細を伝える機会は、なかなかないです。理解不足があると離職の可能性も高くなってしまう場合もあります。会社概要やコンプライアンスについての理解をしてもらう目的もあります。

    次に新人教育の期間に学生の意識から社会人としての意識へのマインドチェンジが必要になります
    コミュニケーション力・社会マナー・自律性なども、学生から社会人へのマインドチェンジの延長線上であると言うことができます。
    業務や仕事をする上で会社の知識やスキルが必要となります。その部分を理解して習得してもらう目的もあります。新人教育を通して会社の知識やスキルを学んで習得することによって、その理解を現場や仕事で実践し、実務の知識やスキルを今よりも上達する事ができます

    新人教育のコツとは

    新入社員が働きやすい環境づくり

    新入社員が周囲の反応に怯えることなく、自分の意見を出す事ができる環境があることです。安心して働くことができる環境があると分からない点や不安も解消でき、より成長できる場になります。相談しやすい場や、近い先輩社員との交流がしやすい場など、新人にとって馴染みやすい機会を作ることが大事です。

    背景や目標を把握して、アドバイスする

    新入社員の背景、目標、将来なりたい姿を把握し、アドバイスする方法は、新入社員の動機付けにもなる効果的な教育方法です。
    背景や目標を把握する方法は、新入社員が職場に配属された時に面談を通して話を聞くことが一番取り組みやすいです。また新入社員にとって教える立場である教育者との共通点が何点かあると、教育者が身近な目指す姿として感じ、主体的な学びの姿勢になります。そのため、指導していく時は新入社員との共通点を示した接し方が良いでしょう

    問題解決に必要なヒントを出す

    問題に直面した新入社員には、物事の答えではなくヒントを与えることが重要です。理由は、答えを与えてしまうと自分で考える力を身につける事ができないからです。入社してから、いくつかのヒントをもとに考え実行することで、主体的な行動ができ、成長していく事ができるでしょう。

    新人教育にチェックリストが効果的な理由はコチラ

    まとめ

    新人教育とは企業を成長させていくためには必要で欠かせないものになります
    その中でも以下の3つの方法が必要となります。
    集合研修Off-JT(Off the job Training)新入社員が全員集まって研修することで必ず実施する研修です。
    OJT研修 (On-the-Job Training)直接社員に指導をして業務を覚えて貰う研修です。
    eラーニングは、自宅や外出先など場所が決まっていないのが特徴で場所を選ばずに学習できる研修です。

    新人教育を元に新入社員の成長と知識をより深める事ができます。また、新入社員が安心しながら働く事ができる職場を作る事が必要です。新入社員と寄り添いながら新入社員の目標やなりたい姿へのアプローチをして、成長できるように接していくことが大事と言えるでしょう。

    無料個別相談会へはこちら

3分で丸わかり!?無料資料ダウンロードはこちらから!

メールでカンタン資料ダウンロード
アニー導入企業様の様々な事例が見れる
お得なセミナー情報も受け取れる
無料資料ダウンロード

30日間アニーのフル機能が使える!

無料トライアル実施中

申込みはこちら

まずは御社の悩み・課題を聞かせて下さい

オンラインOK 無料相談会

申込みはこちら