公開日:2020.12.14| 作業効率化

    標準化とは、いつ・誰が行っても、同じ手順で無駄なく作業を行えるかを示します。
    業務を標準化にすることで、作業手順にばらつきがなくなり、属人化になることなく、
    業務を行えることで、企業の生産性を高める事ができます。
    ものの作り方や、仕事の進め方について、繰り返し使用するために定めた
    取り決めのことを標準化といいます。
    今回は、標準化を行う重要性や標準化しすることで得られる生産性の向上について
    詳しくご紹介します。

    標準化とは


    業務の標準を定め、それに沿って業務を行うと誰でも行うことが出来ること
    標準化といいます。
    どうしても同じ部署でも、「この作業のやり方がわからない」といったことがあるかと思います。
    そうなるとその作業ができる人に偏ってしまい、属人化が起こってしまいます。
    そのような属人化の作業をなくすためにも、作業を標準化して、
    誰でも行えるようにすることをいいます。

    属人化について詳しくはこちら

    標準化を行う重要性


    なぜ、仕事をする上で標準化が大切なのでしょうか。
    標準化をしなくても、仕事をすすめることは出来ます。
    しかし、標準化を行っていないと、作業時間やコストの無駄
    生じてしまうのです。

    どういったムダが生じてしまうかというと、
    例えば、イレギュラーな業務が起こったとき
    業務を標準化にしていれば、誰でも対応ができます。
    しかし、誰もわからない状態だと、その業務に時間が追われてしまいます。
    作業に時間がかかってしまうと、納品に間に合わなかったり会社の信用や利益を
    失ってしまう事態も起こりうる可能性があります。

    標準化のメリット


    標準化で得られる3つのメリットをご紹介します。

    品質の向上

    誰が行っても同じ品質で作業を進めることが出来るので、
    品質が均一化され、無駄な時間やコストも削減することが出来ます。

    仕事の統一

    仕事の進め方を統一することにより、会社や部署内の連携が良くなります。
    また、属人化の排除にも繋がります。

    技術力向上

    今まで一人しか対応できない特殊な技術のいる作業を、全員で行えるようになることで
    会社としての技術として蓄積することが出来ます。
    また、様々な作業を経験することができる従業員はスキルアップにも繋がります。

    標準化を行っても効果が出ないのはなぜ?


    誰にでもわかりやすく、実行がしやすいものは標準化にする上で
    必要になってきます。
    そして、忘れてはいけない重要なポイントが、【標準化を改善する】ことです。

    守れない標準化を作ってしまい、結果、効果が出ないと判断される場合があります。
    それは、誰にでもわかりやすく、実行しやすいということが
    仕事の標準化に当てはめられていないものが原因です。
    実際に使用する作業者の声を無視したものや、標準化を行うためのものになってしまっていたりと
    目的がそれてしまうと効果は出ません。

    また、仕事を標準化にして終わりではありません。
    常に更新・改善を行い、より良く仕事ができるような環境を作らなければなりません。
    標準化にすることで「仕事の見える化」ができ、ボトルネックが見えてきます。
    このボトルネックが目に見えることで、改善点やムダが発見され
    より効率よく、スムーズに作業をすすめることが出来ます。

    まとめ

    本日は、標準化にすることで業務の生産性がアップすることについて
    ご説明致しました。
    標準化を行うことで、誰でもその作業ができるようになるだけでなく、
    問題点が常に目に見えてわかることで改善ができ、
    より効率よく、かつスムーズに仕事をすすめることが出来るのです。

    資料ダウンロードはコチラ

3分で丸わかり!?無料資料ダウンロードはこちらから!

メールでカンタン資料ダウンロード
アニー導入企業様の様々な事例が見れる
お得なセミナー情報も受け取れる
無料資料ダウンロード

30日間アニーのフル機能が使える!

無料トライアル実施中

申込みはこちら

まずは御社の悩み・課題を聞かせて下さい

オンラインOK 無料相談会

申込みはこちら