チェックリストシステムアニー ホームページへお越しいただき、ありがとうございます。
このページをご覧いただいているということは、

・「アニー」って何?
・どんなシステムなの?
・何が改善されるの?
・どうやって使うの?

という、疑問をお持ちの状態であると思います。

簡単に申し上げますと、アニーは
【会社を飛躍的に進化させる、業務管理ツール】です。
機能的な側面から見ると、
「マニュアル」と「チェックリスト」の両方の機能を備えたものになります。

アニーは、ただのシステムではなく、
その使い方、考え方のノウハウを知ることにより、最大限の効果が引き出されるものです。

アニーと、アニーの持つノウハウを使うと、
・業務のミスがゼロになった。
・教育時間が10分の1になった。
・新人が2日目から実務ができた。
など、の形における成果がドンドン出てきます。

>>アニー利用で成功されている企業様の事例はこちらを確認ください

現在、マニュアルやチェックリストを使う文化のない企業様の場合は、
少しピンとこないかもしれません。

そもそも、このシステムの考え方として、
【業務を正しく行うためには、マニュアルとチェックリストがなくしては実現できない。】
という考え方が根底として、あります。

たとえば、
なぜアニーを使用するとミスがゼロになるのか?

フェーズ理論という言葉をご存知でしょうか。
仕事中の意識レベルと、ミス率を分析したものです。

【フェーズ0 】エラー発生率1.0
寝ている状態で注意力はゼロ。

【フェーズ1】エラー発生率0.1
ぼんやりあるいは退屈な状態で、注意力はほとんど働いていない。

【フェーズ2】 エラー発生率0.01~0.00001
通常に生活している状態であるいは職場でいつもの仕事をしているような状態で、
特に何かに注意を向けているという状態ではない。

【フェーズ3】エラー発生率0.000001
精神活動が活発な状態で、注意力が最もよく働き、注意野も広く、ほとんどミスもおこらない。

【フェーズ4】 エラー発生率0.1
過度の緊張や興奮状態すなわちパニックの状態。

「フェーズ3」の状態で仕事をすると、ミスは起こりません。
ですが、短時間であれば「フェーズ3」状態になれますが、維持し続けることはできません。
そこで登場するのが、アニーです。

アニーを使えば、フェーズ3状態を維持、もしくは、
その同等のクオリティのある仕事ができてしまいます。
その答えは、マニュアルとチェックリストの使い方にあります。


もう一つの視点でも見てみましょう。
なぜ、アニーを使うと「新人即戦力化」が実現できるのでしょうか。

まず、みなさまに、考えてみて頂きたいのが、
新人は何が欲しいのか?
という点です。

平たい言葉で言えば、
新人は、
「怒られたくない」
「ミスをしたくない」
「ちゃんと教えてほしい」
「褒められたい」

ということを実現したいのです。

それはなぜか。

マズローの欲求段階説によると、
人は下記の、1から順番に欲求レベルが成長に連れ、変わってきます。

1、生理的欲求(衣食住などの根源的欲求)
2、安全の欲求(安全性・安定性の欲求、怒られたくない感)
3、信和の欲求(集団帰属の欲求、他人に受け入れられている感)
4、自我の欲求(認知欲求、存在が認められ、尊重されている感)
5、自己実現


1は給料が適正に支払われることで当然満たされます。
ですが、多くの場合、
2の安全・安心は、形にできていない会社が多いことが事実です。

アニーは、これを仕組みとして、実現してしまうシステムなのです。

なぜ実現できるのか?というと
その答えは、アニーを使うと3つの辞められることがあります。

《3つの辞められること》
1)マニュアルを棚にしまうのをやめる。
2)記憶で仕事をすることをやめる。
3)見て覚えてもらう教え方をやめる。

枠の都合上、ここでは、すべてを記述することはできません。
アニーを使った驚くべきメソッド、30日間の無料体験をご用意しています。
是非、体感してください。